読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラプソディ・イン・うたプリ

うたぷり1年生によるこれからうたぷりに足を踏み入れようとする人を沼に突き落としたいがために始めたブログ

QUARTET NIGHT エヴリューション2017 LIVE(ライビュ)参戦記録

(5月12日 かなり長いです12,000字数を超えるくらいには。その上2か月もかかってしまったが故に肝心のライブ感想は部分的です。あしからず。ただ1日の流れがどんなだったのかとかほぼほぼ闇ですが見たい人は期待せずに参考までにどうぞ。)

 

 

 

今回QUARTET NIGHTの単独ライブのライビュに参加させていただけることになりました。

 

ここまでの道のり本当に遠かった…

1月15日の国際ファーラムシリアル複数応募で落選、先行抽選落選、一般敗北、ライビュシリアル複数応募で落選、先行抽選落選とまさかの3月1日の最後の砦こと一般でようやく取れました…

ライビュくらいは抽選で取れるんじゃないかとたかをくくっていた時代が私にもありました。

 

正直このままダメなんじゃないかと思っていたで全然何も書いてなかったのですが3月1日現在から書こうかと思います。辛い戦いだった…

 

 

 

2月11日(本当は違う記事に書いてた文面)

カルライの席が用意されていなかったので一般戦争に参加しました。

うたプリファン VS 転売ヤーの直接対決。

 

みんなシミュレーションしてるのかと思ったら本当に怖くなったのでこのあとめちゃくちゃパスワードの入力とか練習した。

1時間前から本格的に待機して5分ごとに更新ボタン押してましたが…

 

 

 

ちょーうける(真顔)

更新ボタン押しながら1時間立ち気がつけばライビュの発表。

 

 

 

ライビュだし当たるかなーなんて舐めたこと考えてました。

そうまさかの

 

この展開は予想外だった。

 

 

カルライってなんでしたっけ?????

この展開は本当に考えてなかった。

うたプリ公式がライビュ会場を100から128に増やした判断は正しかった。

本会場の機材解放席とか出てくれなったら…ね???

まさかの先行抽選に参加を余儀なくされると思ってなかった。

 

俺たちの戦いはこれからだっ!!!!!!!!!!

さわらさんの次回の抽選にご期待ください。

 

 

 

3月1日

ついにこの日が来ました。

 

この日まさかの急な予定により戦争開始30分前にゴタゴタが入るという珍事件。

泣くわけにもいかず、心のどこかで諦めつつ諦めの悪さを発揮して

なんとか気合いで時間を作りPCの前にたどり着くも電波状態が悪く死にかけ。

ほんとロクなことがなかった。

第○生命のCMの小○和正さんの曲が脳内で流れながら走馬灯のように駆け巡るQUARTET NIGHTのシングル発売から今日までの日々。

 

この時はまだ元気だった。

 

待ってたのは落選という現実だってこの時の私は知らなかった。

倍率約50倍で50積んで当たるかどうかなのにそんなに積んでなかったから仕方ないって自分に言い聞かせてたし事実そうだから仕方ない。

 

 

この頃には壊れ始めた。テンバイ、コロス。

 

シンデレラガールズのガチャでSSRあったった直後の発言。

運があると思った?残念使い果たした後でした。

 

 

 

そして前夜。

金麦じゃなくて恵比寿だったら結果が変わってたかもしれない(バタフライエフェクト理論)

 

残念、一般などは幻。つながりもしなかったからな!!!!!

あの後は本当にひどかった。お腹壊すしお腹壊すし…

あまりに精神的にきたので一時期実家に帰ったりも…こんなの初めてだよ

 

そして今日に至るわけです。

 

 

気持ちは島流し。間違いなく島流し。

なんでここまで戦わなければならないのかまで考えてた。

カルライ、行きたい。って気持ちとこんなに辛いならやめよう?って気持ちが同時にあってプリライ2日目はあまりに胃が痛すぎたので申し込みすらやめてしまったりもした。

 

 本命周辺のシネライと同じとこも諦め、知らないところだけどって申し込んだのですがその会場すら取れた後に席埋まったか確認したら席なかったです。カルライすさまじ…

 

そんなこんなでカルライのライブビューイングに参戦できることになりました!!!

嬉しいとかじゃなくて生命線が絶たれなかった安心感のなか眠ります。おやすみなさい。

 

 

 

3月12日

本日、ついにQUARTET NIGHT Live Evolution 2017と相成りました。

物販の発表とか、いろいろ記事にし忘れているところが多々ありますが許してください。

というか、一通りいろいろ終えて帰ってきて数日どころか2ヶ月かけて書いてるので各曲のレポとかは期待しないでください。

 

そんなわけで移動しながらとかに書いてたリアルタイムな方からどうぞ

 

 

相変わらずの3時起きでスタート。

本日の日程は物販⇨帰宅⇨仮眠⇨出発⇨ライビュです。

仮眠とらないと明日からの私が死ぬ。

 

 

なんで???????!!!!!!!

これが全ての原因です。なおトマト煮作ってた模様。

 

6:00くらい〜

駅から遠いし田舎だしそんなにいないかなって思ってました。

物販会場に着きました。前は50人くらい?思ってた以上にはいる。けどさみぃ。

ちなみの本日の最低ラインの金額。

結構我慢した。キーリング5種類欲しいし変えたらまだ買いたい。

 

6:30くらい〜

10人くらい増えました。うしろだけど。さみぃ。着いてから朝ごはんの人もいるみたい。煮込んでる場合じゃなかった。手が寒いと言うか靴の中の足の指先が寒いです。頭寒足熱、足元というか足の指の防寒もすることをお勧めします。カミュさんがご機嫌かもしれないと考えると寒いのもどうにかできそうな気持ちになる。

プリンスキャットもつれてらっしゃる方が多めみたいですね。

ST☆RISH担の痛ばちらほら、並んでるからには同志です。

 

黙々と読書タイムしてたらたぶん100人くらい並んでそうな雰囲気。まえの方で横入りした方々がいたよう。って思ってたら前のうたプリの先輩が注意してくれて解決したようで感謝。数量限定だって言ってるからなおさらね。プリライでも毎度問題になっているようですがお友達呼び込みでも横入りゴリラは森へ帰ってどうぞ。

せめて一言後ろの人にいろんな事情があってあと何人入っても良いかどうか的な一声あっていいはず。ない限り他の人からしたらただの横入りです。

 

9時台

物販終わって心も終わりました、本当お疲れ様でした解散

先述の通り50以上75以下に並んでたのですがパンフしか買えませんでした。

キーリングなどは幻。

 ちょー面白いわ(棒)

たぶんライビュ会場は確か最低でも300近いキャパのはずなのですか?バングルライトは20番くらいから売り切れ速報が入るしライト含め他のものは50前で売り切れ速報が入るしで買うことを許されたのはパンフだけでした。

 

ムービックは何年うたプリファンと商売してるの???

5thの物販も聞く限り戦争だし、今回は幻だし。

私はなんとかせめてパンフ買えたからいいものの3時間近くならんてパンフすら買えなかった人も少なくないはず。

だから事前通販して欲しいとあれだけ…

 

16時

参戦予定地につき一通り建物も確認したしやっばり物販終わってたのはなんとなく察してたのでぼーっと水分補給しながら何か胃に入れたいということでタピオカもぐもぐしながら周り見てますが普通の人が多いので早くご案内して隔離して欲しい。

ここ数日カルライ関連の落選のこととか本当にこのまま何もかもが消化不良でせめて物販くらいは思う通りに買おうって思ったのに結局買えなくて、このまま楽しめるのかとか今楽しいのかとか無残にも罰つけられた物販見てからずっと思ってました。

でも楽しまないと勿体無いし今日まで頑張って心折れずにここまで生きてきた私にも、何よりも素敵なライブになるであろうライブを精一杯作ってきてくれてる制作陣営に失礼なので終わった後喉使えないのではくらいには楽しんできます!

泣くのは全部終わってからで!じゃあ、行ってきます!!!

 

 

 

・全てを終えて

 

カルライビュすごい楽しかった。

始まる前にCMで物販情報流れて売ってないけどな。とか散々思ったけどライト持ってる人見てすごい羨ましかったけどそんなのどうでもいいくらいとても楽しかったです!!!

オープニング前からもう終わるんだって気持ちですでに泣いててオープニング始まった瞬間から寿嶺二as森久保さんが車の鍵回しながら歩いてるし、バックミラー越しに目が合うし、まさかの緑のビートル*1に乗って海で待ってる美風藍as蒼井翔太さん迎えにいくし。心友組と海の組合わせはまずい…

おそらく13分遅刻したけど今度はちゃんと迎えに行けてよかったって気持ちで涙腺崩壊しました。

 

その後も、カミュさんas前野さんがリムジンで紅茶に角砂糖を大量に入れててそのまま歩道をベース担いで歩いてる黒崎蘭丸as鈴木達央さんを無視して追い抜いたり。黒崎さんが猫なでてたり。全員が集合した場所が国際フォーラムの地下駐車場?でオープニングから最高でした。

語彙力が死んでるし箇条書きみたいになってるし、かなり抜けてる部分あるけど本当に最高しか言えないほど最高でした。

 

このオープニングのあとは5thみたいに階段が開いてQUARTET NIGHTが中から出てきて

QUARTET★NIGHT

QUARTET★NIGHT

 

あちちすぎる時間が始まったわけですよ。

そして間髪入れず。

The dice are cast

The dice are cast

 

こちらは5thでのバージョンと同じで間奏に個人のダンスパートがありました。

3rdか4thでスタリの袖とられがちな黄色い誰かが言ってた「声優さんだかんね?」みたいな、なんで踊ってらしゃるん?

あ、シャニドルだからかぁみたいな感じでよくわかんないままずっと泣いてた。

絶対怪しい人で隣の人に申し訳なかったかもしれないというのはこれ書いてる途中で気がついたけど気持ちがダヴァーって感じで止まんなかったんですよね。

5thでエヴォリューションしますって言ってて本当にエヴォリューションしてるの見て泣かないとか無理でしょ?

ちなみに今回相変わらずコンタクトで行ってしまって途中で「コンタクトおとすのでは?」って思ってたのですがよく考えたら眼鏡で泣いたら眼鏡汚れて何も見れなくなるのでこういうのは今後もコンタクトで行って大丈夫だと知りました。予備で眼鏡持てばいいしね。今回のドウデモイイ収穫です。

 

この後MCが入るわけですが記憶があっていれば全てQUARTET NIGHTからのお言葉でテンポが早くてでもさすが本職と言ったとことでしょうか聞き取りやすくノリやすく気がつけば後ろで流れてる曲が「溺愛テンプテーション」のアレンジで次溺愛かもって気がついたら

黒崎「嶺二と言ったらこれだろ?」

黒崎、美風、カミュ「…Rolling?」

で始まった溺愛テンプテーション。QUARTET NIGHTの他のメンバーに背中を押されまとめ役から先陣切ってソロ曲が始まって嬉しさのあまりまさかこの曲で泣くとは思ってなかった。

 

溺愛テンプテーション

溺愛テンプテーション

 

この曲終わるまでずっと泣きっぱなしですから。

 

で、この後の記憶は見事に部分部分しかないので順番もあやふやだし感想が日本語にならない感じなので部分的に曲入れながら各人ごとでのまとめに入ります。

寿嶺二as森久保さんは森久保さん自身もリップサービスかもわからないけれど「演じてるって感じがしない」っておっしゃってて個人的に見てもそのままで寿嶺二にしか見えなくて溺愛の途中で2番サビ前の歌詞『君のために』の前にたまたまかもしれないけれど「ライブビューイング」って声がけ入れてくれて「ライブビューイング『君のために』」になってたり、この時のマラカスは3rdの時のものとは多分違うけれどあの時のと似ている緑のマラカスでした。あ”ぁ”、あ”り”が”と”う”ご”ざ”い”ま”す”。

 

愛しき人へ

愛しき人へ

 では、ピアノの椅子に座ってのパフォーマンスを見せてくれたり、バラの花を愛しき人に見立てたり、ゲームのルートや歌詞の通りに傘使ってのパフォーマンスを見せてくれて本当に寿嶺二でした。この時はマラカスなしです。

 

 

キスはウインクで

キスはウインクで

 そしてまたしてもマラカス曲。この時のマラカスは4thのに似ているというかもしかして4thの時の金のマラカスでした。

Gots S.T.A.R.の『輝き舞え our kiss』でもウィンクしてる通り愛は音楽だしkissはウィンクでした…


「God's S.T.A.R.」/QUARTETNIGHT

 

無事に死亡って感じです。

 

 順番わからないけれど映像流れた後に衣装チェンジしてスーツっぽい衣装からレザーの衣装にチェンジして突如現れたサングラスをかけてDJ台に立つDJ Reijiが最高すぎたって話は有名すぎる。

ライブの流れを絶たずにダンサー紹介に入り、最後の方はダンサーもいじったりととても寿嶺二でした。今までどこかでDJ Reijiと言う要素があったわけでもなく本当に突然ででもすんなりと寿嶺二の新しい可能性が見えて、しかもそれがライブでっていうのがとてもアイドルらしくてうたプリの可能性ってまだまだあるんだって思いました。

DJ Reijiの曲調とダンスのジャンルはロッキング⇨ポッピング⇨ジャズで最後の方曲調がだんだんと次の曲に

Hurray×2 ドリーマーズ

Hurray×2 ドリーマーズ

  

フゥ〜〜〜〜 Here We Go!!!

あ〜、寿印のLOVEあ”あ”〜、って思いながらC&Rしてたんですけどこの記憶とタオル曲だった以外何も記憶がない。寿印のLOVEをいただき昇天。今生に悔いなし。

 

 

次、黒崎蘭丸先輩。

黒崎先輩は…踊ってた、すっごい踊ってた。

黒崎先輩の一曲目がプリライ5thで歌ってらっしゃったONLY ONE 

ONLY ONE

ONLY ONE

 「これ後俺のリベンジだ」てきなことを言って始まりもうその後はダンスはすごいしダンスはすごいし歌もすごいし本当に本当にかっこよかった。

5thのステージでこのステージを見せてくれたかったのかなと思うとこみ上げてくるものがありました。そもそも5thでだって骨折してライブしてって尋常じゃないですから…あんなに踊ったら絶対響いて痛いのに と思うんですよ。黒崎蘭丸as鈴木達央さんでよかったって本当に思います。

 

(ここまで1ヶ月以内に書いてたのですが5月現在ほぼ記憶が飛んでるので各自の感想は短くなります。プリライではこうならないように頑張りたいです。)

 

というわけで、黒崎先輩as鈴木達央さんは本当にパワフルに踊ってた印象が強く残ってます。ロッカー黒崎蘭丸がアイドルになるとこんなにパワフルなアイドルになるのかと改めて思いました。これに関してはプリライの円盤で見るより、まだはまって間もない頃に行った5thのシネライで感じたより、同じ時間にLIVEでだったからことさら感じたのかもしれない。

  

WILD SOUL

WILD SOUL

 

ずっとコールしたかった「WILD SOUL」。

「W I L D SOUL」のコールでライブもライビュも含めた会場中が揺れるかと思った。

あまりにコールするのに夢中だったから私がそう感じただけかもしれないけれど、楽しかった。

 

 

次は美風先輩。

 

A.I

A.I

WinterBlossom

WinterBlossom

  • 美風 藍(CV.蒼井 翔太)
  • アニメ
  • ¥250

 

どっちの曲もめちゃめちゃ泣いた。

A.Iは会場の制御ライトが全てオレンジ色になってて、夕日の中に美風先輩as蒼井翔太さんがいた。4thの時も確かにスポットととかオレンジだったのですが今回は会場のライト含めて一面がオレンジ。

「その者青色の服を着て、金色の野に降り立つべし。」じゃないですが、イメージ図これで間違いないし異論は認めない。清浄の地に導かれてしまった…

制御ライト美しかったし、「一緒に行こう」などの言葉が本当に語りかけてれてる感じで「な"な"み"ぃぃ」って汚い声だしそうになったけど世にはいろんな人がいるので理性の勝利、なんとか押し止めましたがA.Iの時確実に隣にヒロインいた…

 

Winter BlossomWinter Blossomで前奏部分を美風藍as蒼井翔太さんがピアノで生演奏してくださってあれ泣かないの絶対無理でしょ…

そもそもこの曲自体絶対泣くのに水分不足で干からびるかと思った…

 

最後に美風藍as蒼井翔太さん踊りがうますぎるしピッチ外すことなんてあるのだろうかって同じ人類であるとを真剣に疑った。

 

 

次はカミュさん。 

AURORA

AURORA

 

初めの「Love is mysterious things.」から始まるセリフ部分語りになっていて「淑女であり愚民である我がうたプリファンよ」てきな感じだった記憶があるのですがもはや記憶など皆無…脳にも外付けハードを取り付けたいこの頃です。

 途中歌いながら過去のリングライトをはめていく姿と会場全体のペンライトの色を操る姿がとても印象的で、前野さんのうたプリに対する思いを感じました。

 

純潔なる愛-Aspiration-

純潔なる愛-Aspiration-

 あのねですね、ここだけの話魔法使いはこの世に存在するんですよ。

このライブのにはいた。間違いなく、紛れもなく、見紛うことなくこの時のカミュさんas前野さんは魔法使いだった。

上から降ってきた、雪のような光に手を添えたかと思ったら、それが上昇して一面にアイスブルーの光が広がったのは紛れもなく現実だったしあんなの魔法以外にありえない。本当にこの演出魔法素敵でした。

 

Double face

Double face

 誰もがどうするのかと話していたであろうDouble faceの話をしないわけにいかない。

右側に黒いスーツに仮面をつけたダンサーさん、左側には白いスーツに仮面をつけたダンサーさん。そして中央にはスタンドマイク1本にカミュさんas前野さん。

「お望みのまま」と歌い出しは左手をマイクに当てて執事系アイドルのカミュさん。

「跪くがいい」の1音目の直前マイクの手を右手に置き換え伯爵のカミュさんへ…

変わったのは手だけではなくもちろん声色のみならず表情も。

本当に目といい眉の作り?といい違う人がいたというかフレーズフレーズで執事→伯爵→執事→…と入れ替わり一瞬で本当に人が変わったとしか言えなくて何が何だかさっぱりで、凄かった…

とにかくあの場には執事のカミュさんも伯爵のカミュさんもいらっしゃいました…

前野さん自身は以前QUARTET NIGHTの中で自分だけ浮いてると感じてて、だからこそ所作とかでカミュさんを表現してたいとおっしゃっててそんな前野さんだからこの場に執事のカミュさんも伯爵のカミュさんも降霊(?)させられたんだと思います。

執事の時の表情の柔らかさ?と伯爵の時の見てると凍てついてしまうんじゃないかと思うような表情の変化が本当に凄かったのでもう一回と言わず何回でも見直したいです。

 

 

最後に

結局物販のことなんて一時的ではあったけどどうでもよくなり最高の時間を過ごさせていただきました。

本会場は国際フォーラムで5500人が見守り今回は元々100会場でのライビュだったのに128会場までライビュ会場を増やしていただいたおかげでライビュ一般取れて6万人のうちの1人に入れてもらえてたり普段から徳積まないといけないと思いました

 

ST☆RISHあってのQUARTET NIGHTとか今回のCDがゴールドディスク賞とったとかオリコン週間1位とったとかの話のみならずその裏側でのファンの気持ちを考えてくれたりとか

God's S.T.A.R. - Wikipedia

www.oricon.co.jp

色々考えてくださってるとか考えさせてしまってるとかすごい色々話があったのにポンコツな脳みそを恨む。

 

本人名義でライブするってだけでも大変だと思うんです。それなのに私達ファンはステージ上に今回はQUARTET NIGHTの単独だったのでQUARTET NIGHTをプリライであればST☆RISHQUARTET NIGHTそして6thからはHE★VENSを求めてしまうし見たいと思ってしまって厄介だなとファンの端切れである私自身も思う。

それなのにライブを終えたくないとか、たのしかったとか言ってくれたりキャストの皆さんが声を揃えて「今まで支えてきてくれてる人たちに恩返し」をテーマにとおっしゃってたりしていてありがとうがありがとうで帰ってくるうたプリって本当にすごいなって純粋に思いました。

一時は円盤化が未定だという話も問い合わせからわかったり

 とかもね。それなら仕方ないかな(多分増やさなくても足りなかったよ)

 

それでも

 

こういう風にカルライの続きが見れたりそういうのもたまにはいいんじゃないかななんて思うわけないだろうがこの愚民が!!!!!

プリライは今回のことが生かされてるといいね!

 

次回、「プリライ初参戦記」 近日公開したい!!!

 

 

最後になりましたがQUARTET NIGHTの皆様、スタッフの皆様とてもとても本当に素敵な時間をありがとうございました、プリライでのステージも今後のご活躍も楽しみにしております。

 

 

*1:緑のビートルは寿嶺二の愛車でもあります。詳しくはASをプレイしてください(ダイレクトマーケティング